アートメイク安全素材

美容大国韓国で生まれ日本上陸後爆発的な人気を呼んだアートメイクが、エステサロンや美容室などを中心に多くの若い女性たちに提供されていた時期がありました。ところが2006年から2011年までの実態調査で100人を超える苦情や相談が国民生活センターに寄せられた事を重く見た政府は、ついにアートメイクは医療行為であると断定しました。医療資格のないものの施術を全面禁止にしたのです。これまでに違法行為と見なされたサロンや美容院の摘発が今もって続いています。

アートメイクは化粧品としての安全性がFDAで認可されたものを色素素材にしています。ニードル針で皮膚の極めて表皮に近い部分に化粧品を埋めていく作業ですが、その際には局部麻酔をかけて行われるのが普通です。色素は最初から濃く入れずにうっすらと着色していくのが一般的な形です。2~3年後にはかなり薄くなりますから、再び着色したい場合は再度施術を受ける事になります。

完全に消える事はありませんが、形を変えたい時や年齢と共にバランスが乱れたという時には、レーザー照射で焼ききる形になりますが、黒に反応しますから、それ以外の色には反応しにくい事と何回かにわけての照射となるゆえに、料金はアートメイクした時よりも高額になる事はしっかり頭の片隅にいれておきましょう。

クリニックで施術を受けるにしても、最初のカウンセリングをしっかり受ける事と、色素素材はFDA認可である事を確認してください。エステサロンや美容室などクリニック以外ではけして施術を受けない事が肝心です。