未分類

アートメイクその他

FDAを通過した素材は安全性が認められた事を意味していますが、化粧品にアレルギーが出やすい人やアトピー性皮膚炎を持っている人はパッチテストを受ける事をおすすめします。皮膚炎の多くが完治に時間がかかるものが多く専門医であっても手こずる事が珍しくないからです。安全性が世界的権威を持つFDAを通過していたとしても直接膚に埋め込むとなれば、かなり膚への刺激は強くなる可能性が強いです。

医師はどこまでいっても医師であってメイクのプロではありませんから、単に描けば良いという事に留まらずアートとしてのテクニックも習得も考えなければならないとなると、かなりハードルが高くなります。そのようなわけで法律が厳しくなってからはアートメイクを施術できるドクターも激減してしまいました。

ニーズは高いのですが施術をどこで受けたら良いか途方にくれてしまうユーザーも多い事で書でしょう。今後はメイクのプロと連携しての施術が増えていくものと推測できます。クリニックを撰ぶ際にもFDA認可薬剤を活用している事は最低条件ですが、アートメイクのテクニックでも評判の良い病院を選択する事が、後悔のない施術となるはずです。

料金的にはエステサロンで提示している金額よりも倍以上高くなっている場合も多々ありますが、それだけリスクの高い施術を受けるのだと認識して受けるべきです。

未分類

FDA認可薬剤の詳細

アートメイクの安全ポイントとして重要な位置をしめるFDAとはアメリカ食品医薬品局と呼ばれるアメリカ合衆国政府が直接管理している組織です。Food and Drug Administrationの頭文字をとってFDAと呼んでいます。食品・医薬品・化粧品・医療機器・動物薬・たばこ・玩具というように、基本的な消費生活に関わる日用品全般の許可と違法の取り締まりなどを主な業務としています。

歴史は古く1906年にさかのぼります。食品や医薬品に関する安全性について定めたワイリー法制定が発端となって粗悪な製品への厳正な監視および処罰や没収を含めた絶対的権限を与えられています。化粧品に関しての業務は1930年代に制定された化粧品法の制定から本格的始動しています。

現在FDAが化粧品を含む製品に対して行っている業務は、安全性試験の義務化、摂取不可避な毒性物質に対する許容量の設定、立ち入り検査、食品の同一性、品質、内容量に関する規格基準の設定、臨床試験におけるインフォームドコンセントを義務化など多岐にわたっています。アートメイクで使われ色素素材は化粧品部門でこれらの厳格な監視の下における安全認可されているものです。ちなみに、アートメイクを行っている美容皮膚科シロノクリニックでも、FDS認可薬剤を使用しています。

医療アートメイクとは、医師の管理下で行う「汗や洗顔でも落ちないメイク」です。皮膚の表皮に、FDA(米国食品医薬局)で認可されている安全な成分が含まれた薬剤を着色していきます

日本の薬剤の安全性はFDAでの考え方に準拠しているものであり、医療免許を持ったものでしか素材を提供できない形になっていますから、エステサロンなどで使用されている素材は偽物である確率が極めて高いものですから注意してください。

未分類

アートメイク安全素材

美容大国韓国で生まれ日本上陸後爆発的な人気を呼んだアートメイクが、エステサロンや美容室などを中心に多くの若い女性たちに提供されていた時期がありました。ところが2006年から2011年までの実態調査で100人を超える苦情や相談が国民生活センターに寄せられた事を重く見た政府は、ついにアートメイクは医療行為であると断定しました。医療資格のないものの施術を全面禁止にしたのです。これまでに違法行為と見なされたサロンや美容院の摘発が今もって続いています。

アートメイクは化粧品としての安全性がFDAで認可されたものを色素素材にしています。ニードル針で皮膚の極めて表皮に近い部分に化粧品を埋めていく作業ですが、その際には局部麻酔をかけて行われるのが普通です。色素は最初から濃く入れずにうっすらと着色していくのが一般的な形です。2~3年後にはかなり薄くなりますから、再び着色したい場合は再度施術を受ける事になります。

完全に消える事はありませんが、形を変えたい時や年齢と共にバランスが乱れたという時には、レーザー照射で焼ききる形になりますが、黒に反応しますから、それ以外の色には反応しにくい事と何回かにわけての照射となるゆえに、料金はアートメイクした時よりも高額になる事はしっかり頭の片隅にいれておきましょう。

クリニックで施術を受けるにしても、最初のカウンセリングをしっかり受ける事と、色素素材はFDA認可である事を確認してください。エステサロンや美容室などクリニック以外ではけして施術を受けない事が肝心です。